SOF2015 ▶︎ インタビュー【Breathe Carolina】
 

最新アルバム『Savages』のリリースから早1年、現在はEDMシーンでも大きな活躍を見せるBreathe Carolinaがようやく来日。SCREAM OUT FESTにてヘッドライナーを務め、会場を絶景のダンスフロアへと染め上げてくれた。2013年には主要メンバーであったKyle Evenが脱退しファンを驚かせたが、4人編成となった現在、常に進化を続けシーンを席巻中だ。今回はそんなBreathe CarolinaのフロントマンDavid Schmittと、DJやキーボード、プログラミング、Baを務めるLuis Bonetにインタビューを実施。近年ますますクロスオーバーした活躍を見せるバンドの変遷から新曲「Anywhere But Home」について、さらに楽曲制作の裏側まで、盛りだくさんに語っていただいた。
Interview / Translation Leyna Miyakawa
Photo by Taka Konuma

 
 
 
——前回の来日時はshibuya THE GAMEにて開催されたSCREAM OUT PARTYに出演されていましたが、今回は SCREAM OUT FESTにて、ヘッドライナーを務めます。今の心境はいかがですか?
 
David Schmitt(以下David):日本は大好きな国だから、戻ってくることができて本当に嬉しいし、とても興奮しているよ!今回のSCREAM OUT FESTにはそれぞれ音楽性やスタイルが違うバンドが一同に集結しているけど、それってすごく良いことだと思うんだ。こんなに素晴らしいイベントのヘッドライナーをやらせてもらえるなんて、とても光栄だよ。
 
 
——Breathe Carolinaは現在、ロックシーンはもちろんEDMシーンでも成功を遂げています。様々なシーンをクロスオーバーすることの面白味とは、どんな部分でしょうか?
 
David:俺たちみたいなスタイルで活動していると、それぞれのシーンで出会う人が全然違ってくる。それがすごく面白く感じていてね。EDMのフェスに行けばそこで新しい友達ができるし、Attilaのようなロックバンドとも仲良くなることができた。EDMのイベントにも出ているけど、俺たちはVans Warped Tourみたいなルーツもあるから、あらゆる場所で色んな人に出会うことができるのは楽しいね。
 
Luis Bonet(以下Luis):それに、1つのジャンルの中に留まっている必要はないと思うんだ。好きなことを好きなようにやるべきだし、それに向けてひたすら努力を続けることが大事だと思うよ。
 
 
——仰る通りです。
 
David:「Savages」を作っているとき、ヘヴィな曲もポップソングも、自分たちがやりたいことは全部試した。それがとても楽しかったし、俺たち自身もジャンルに関してはあまりこだわっていなくてね。自分たちが作りたい曲がどんな内容になるか、それに尽きるんだよ。
 
 
——様々なジャンルのフェスやイベントにも出演されていますが、ファンのリアクションはいかがですか?
 
David:今のところ、結構いい感じだよ。ファンのみんなは、もしかしたら「彼らは変わってしまうんじゃないか」っていう不安もあったかもしれないけど、俺たち自身は常に100%の力を出し尽くしているし、それが結果に繋がっているんじゃないかな。
 
Luis:どんなジャンルのフェスに出演しても、オーディエンスのエナジーは変わらないんだ。それに自分たちのライヴセットも、最上級か、それ以上のものを出し尽くしている。どんなフェスでもライヴでも、その時が人生で一番の出来事になるように心がけているからね。
 
 
——そういった経験は、ソングライティングの面にも影響しているのでしょうか?
 
David:曲に関しては、以前より作りやすくなったと思う。たとえばEDMのテイストを持った曲だったら、今なら他のアーティストを招いて曲を作ることもできるようになったし、歌ってもらうこともできるわけだからね。こうしてクロスオーバーしていることで、バンドにとっての新たな世界が開いたんだ。
 
 
——6月8日にリリースとなった新曲 「Anywhere But Home」には、APEKが参加していますね。
 
David:この曲はBreathe Carolina史上、最もEDMサウンドを全面に押し出していて、USではEDM系のレーベルからリリースしているんだ。曲が出来上がったあとに気づいたんだけど、俺たちはVans Warped Tourといったロックシーンから出て来たバンドだから、いわばそこがホームなわけだよね。でも今は、EDMシーンへと足を踏み入れている。EDMのシーンは俺たちにとっても新しい世界なんだけど、どんどん新しいものを見たいし、体験していきたい。だから「Anywhere But Home」というタイトルの意味は、今現在の俺たちそのものを表していると感じたんだ。
 
 
——「Anywhere But Home」もそうですが、アルバム『Savages』以降はKyle Evenが脱退したこともあり、スクリーム・パートは抑えめになっています。その分、EDMの要素がグッと前に押し出されていますが、制作過程において変化などあったのでしょうか?
 
Luis:変化というよりは、ソングライターとして成長したんじゃないかな。制作過程ではジャンルの枠組みという概念が以前よりもさらに少なくなって、自分たちのやりたいことをすべて詰め込むことができた。その結果としてできあがったのが、「Savages」というアルバムなんだ。
 
David:その通り。メンバー・チェンジもあったけれど、最終的には、自分たちが行きたい方向へ突き進んでいったら、ああいうアルバムができたんだ。だから変化というよりは、自然な流れだったと思うよ。
 
 
——結果としてより煌びやかエレクトロサウンドへと進化を遂げていますが、制作の際、特に意識していることはありますか?
 
David:俺たち自身、曲を聴いていたら、どこかに連れて行ってくれるようなサウンドがすごく好きでね。だから曲を作る時は、その曲についていったらどんな景色を見ることができるのか、そこを意識しているかな。例えばスムースなエレクトロ・ナンバーだったら歌いだしたくなるな、とか、ギターがガンガンに鳴っているロックソングだったら、クレイジーに騒ぎたくなるな、とか、曲がもたらす感情を大事にしているんだよ。
 
Luis:曲を作り始めたら、そのまま流れに身を任せるんだ。
 
David:だから、曲のムードとヴァイヴが一番重要な要素と言えるね。
 
 
——確かにBreathe Carolinaの楽曲は、それぞれの曲にムードがあり、アップリフティングなヴァイヴを感じます。ライヴでのパフォーマンスでも大きく盛り上がる曲ばかりですが、特にプレイするのが好きな曲などありますか?
 
David:それぞれの曲に違ったエナジーがあるから、1つに絞るのは難しいね。でも挙げるとすれば、「Blackout」はみんなも知ってくれている曲だし、ライヴでやると盛り上がるからすごく好きなんだ。あとは「Collide」や「Savages」かな。曲と一緒に旅ができるような、ストーリー性がある曲だし、サビではみんなが爆発的に盛り上がってくれるからね。
 
 
——Breathe Carolinaは、ロックシーンにエレクトロムーヴメントを起こした立役者だと思います。あなた方はご自身のこれまでのキャリアについて、どう思われますか?
 
David:振り返ってみると、とても良いものだったと思うよ。俺たちはこのバンドをやって長いけど、今でも最初の頃と変わらない情熱がある。この7年間の間で世界のあらゆる国に行って、クレイジーなことをやりつくしてきたんだ。それってすごく幸せなことだよね。
 
 
——なるほど。特に印象的だった国はありますか?
 
David:それはね……日本だよ!あとは凄まじい盛り上がりを見せてくれたインドネシアかな。 自分たちの出身地であるUSでのショウも大好きなんだけど、US以外でどこが好きかと聞かれたら、この2つの国だね。
 
 
——ありがとうございます!新作への期待も高まっていると思いますが、次作に向けてのヴィジョンなどはあるのでしょうか?
 
Luis:うん!既に12曲できあがっていて、次にリリースする予定の曲も決まっているよ。
 
David:それぞれいつリリースするかのスケジュールを、今決めているところなんだ。この先もBreathe Carolinaの曲をたくさん聴けると思うから、楽しみにしててね!
Posted : 2015.06.15


上記QRコードより
携帯サイトをご覧になれます。